読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

筆者のインタビュー記事が掲載されました!(ひきこもり新聞第2号)

ご本人・経験者向け ご家族向け ピアサポート ブログについて

こんにちは。筆者の体調は日に日に悪化していますが、躁うつの波が最も強い時期なのでしょう。でも今回の記事はとても嬉しい内容です。

 

なんと、ひきこもり新聞第2号(2017年1月15日発刊)に、筆者のインタビュー記事が掲載されました!

 

いやーこういう活動をやってきた甲斐がありますね。

 

今まで行ってきた「ブログによる情報発信」は、紆余曲折ありましたが、ひきこもり経験者が行うピアサポートの大事な活動だと思って続けてきました。

※ちなみにこのブログ「ひきこもりピアサポート日記」は来月で2周年を迎えます!

 

ひきこもり新聞第2号の特集は「女性のひきこもり」です。

記事のタイトルのみ紹介すると

1面:「ひきこもる女性たち」著者 池上正樹氏インタビュー

2面:生きづらさと摂食障害と私

3面:ひきこもりの入り口が「偶然」ならば、出口も「偶然」!?

4面:①最悪だった時 ②活気付くひきこもり女子会

5面:10年ひきこもり、5年働き…そしてまた

6面:①部屋から出た日 ②書評(「ひきこもり」経験の社会学

7面:この人に注目!(第2回)

8面:ひきこもり関連のイベント情報

 

筆者の記事は第7面にあります

 

筆者のインタビュー記事には「運営している居場所の紹介」「当事者活動を続ける信念」「ピアサポートにこだわる理由」「居場所を立ち上げたい人・参加したい人へのアドバイス」「今後の展望」が掲載されています。

 

居場所を立ち上げたい方がいらっしゃる場合には、簡単な事務作業・運営の仕方などのアシストをして一緒に立ち上げをサポートします!

 

それにしても自分の記事。「女性のひきこもり」という特集とは思いっきり路線が外れているけど大丈夫かな…?

あ、でも女子会を開催している団体を運営しているので関係はしていますね。良かった~。

 

今回の新聞を一通り拝見しましたが、ものすごい読み応えですね!

詳細は新聞を購入いただければと思いますが、当事者の声が満載です。

 

自分たちはこれだけ文章を書ける。思いを吐き出せる。

それはつらい体験だとしても、言語化することのスキルは計り知れません。

 

ひきこもり新聞をご購読の方は以下「ひきこもり新聞公式アドレス」までご連絡ください。

メール:info@hikikomori-news.com

 

よし、筆者も頑張るぞー(''◇'')ゞ

ということで199本目の記事でした。

 

果たして200本目の記事は何になるのか!?

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

メルマガ版「ひきこもりとピアのチカラ」
登録フォーム(購読無料)
メールアドレス
購読者の内訳 ひきこもり当事者・経験者
ピアサポーター・当事者スタッフなど 
家族・親戚
支援関係者(ボランティア含む)
ご関心のある方など
powered byメール配信CGI acmailer