ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

第3回ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜に参加しました

こんにちは。筆者もそうですが、自分の周りでは体調を崩している方が大変多いので、お互い気を付けましょう。可能であればインフルエンザの予防接種を忘れずに!

 

今回は【第3回ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜】に参加しました。

 

通称「ひき桜」といえば、横浜で不定期に行われている「当事者による当事者のための居場所」です。ここは「話をしたい人・一人でいたい人が自由に過ごす」という特徴があります。とてもゆるい集まりで、フリースペースやサロンに近い感じだと思います。

 

今回はテーマトークの募集はあったものの特に応募がなかったため、今回も「テーマなし・何をするのも基本的に自由」といった非常にゆるい場となりました。

 

今回はなんと18名の方々にお越しいただきました!

20代前半~50代の方まで、幅広い年齢層の方々が一堂に参加されていました。

ひき桜は年代に関係なく関われるというのが良いところではないかと思います。

 

居場所で話された内容は個人情報の関係で掲載しませんが、雰囲気や筆者の感じたことなどを中心に書きたいと思います。

 

ひき桜(13:30~16:30)はいつ来てもOKなので、居場所が始まってから少しずつ皆さんが参加されした。最初は4人ほどで雑談などをしていましたが、次第に人数が増えると、一つの大きな輪になって話をしました。

 

ある程度人数が集まったところでは各々の簡単な自己紹介と、趣味について共有しました。自己紹介後、筆者の提案で「疲れたと思うので休憩しよう」となり、その後は休みつつ近くの方と会話されるなどの様子が見られました。

 

ここですごいよかったと思うのは、ぎこちなかったはずが、休憩中は皆さんお話しされていて、とても和やかな雰囲気だったことです。立ち話をされる方もいて、自由に移動されていました。

一方で一人で過ごしたいという方は本を読むなど、本当に話をしたい人・一人でいたい人が同じ空間に参加している光景がとてもよかったと思います。

 

最後まで皆さんは席を移動しながら、他の方々と話が弾んでいました。

 

筆者が感じたことですが、

・まず大きな輪で話しているときは、全体的に緊張していたような気がしました。

 ・休憩中からは少人数で色々な方と交流されていて、和やかな雰囲気でした。

・男女問わず交流ができていたのではないかと思います。特に各々が席の移動をしてほかの会話グループに入ってみたり、というのはとても良かったです。

 

筆者も初対面の方が多かったですが、色々な方々と話をすることが出来たので良かったです。ひき桜は毎回約半数が初参加の方なので、なかなか面白い集まりだと思っています。非常にゆるい居場所だったので参加者にとっては大丈夫か?というのもありましたが、大きな問題はありませんでした。

 

次回は会場の関係で2016年2月以降の開催となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

メルマガ版ひきこもりとピアのチカラ 配信登録
メールアドレス
お立場 ひきこもり状態にある人・あった人
家族・親戚
その他
powered byメール配信CGI acmailer