ひきこもりピアサポート日記@ひき桜代表ブログ

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

居場所に関する私見あれこれ part2

こんにちは。めっきり寒くなりましたね。筆者は冬場になると過眠になる傾向があります。

 

今回は「居場所に関する私見あれこれ」の第2弾として、自分の思っていることを書こうと思います。

ちなみに他の場でも言っていることなので、被っていても気にしないでください。

 

最近居場所で同じテーブルだった方に、近隣の色々なグループを紹介しました。当事者会や、当事者・経験者が参加できるイベントなどです。


そこで伝えたのは、「色々な会に参加して、相性の合うところを見つけるといい」という内容です。


ある居場所が合わなければ遠慮なく別の居場所に行く。これはとても重要だと思います。

もちろん会に参加すること自体が緊張するし、いくつも居場所を回るのは大変なんだけれども、嫌なところに無理して参加するのはお互いにとってメリットが少ないと思っています。


そう考えると、万能な居場所はありません。なのでスーパーマンのような居場所はないという前提のもと、割り切って複数のところに参加すると、各居場所の比較ができます。

 

筆者の経験ですが、やはり相性(雰囲気・内容など)によって行きたい居場所は限られます。筆者が好きなところは、作業がない、いつ来てもOK、何も強制されずにくつろげる空間、そしてフリートーク中心です。いくつかの選択肢の中から自由に選択するのが重要だと思っています。

一番最初に行った居場所は、自分にとって相性が良いところでしたが、3年ほど前になくなってしまいました。

 

なので筆者らは横浜で、ゆるい居場所がほしい、そして自分自身の居場所もほしいと思い、「ひき桜」を立ち上げ、月1回当事者会を開催しています。

 

居場所・当事者会に参加するにあたってのポイントは以下の通りです。

・会場(部屋の広さ、和室かどうか、など)

・参加人数(ひき桜は20名前後と、当事者会としては参加人数が多いです)

・男女比(多くの居場所は男性8~9割になっていますが、ひき桜のように、会の中に女子会を一緒にやっているところもあります)

・内容(複数あるほど、参加したときに選びやすいです)

・アクセス(体力面で問題なさそうか。人通りの多いところを避けられるか、など。ひき桜の場合、紅葉坂という急な坂を上るので、体力をつけたい人には向いているでしょう。桜木町へ向かう場合には、横浜乗り換えは避けた方が良いです(横浜乗り換えはすごい人が多いので…))

・参加費

・過去の記録(写真があると良いですが、ひき桜を含め、顔が写るのはすごい嫌な方がほとんどなので、記録用写真はあまりとっていません。ただし「ひきこもりピアサポート日記」の検索に「ひき桜」と入れれば、過去の様子・感想を見ることができます)

 

なかなか記録を残せるほど余裕のある会は少ないですが、参考にしていただけたらと思います。

くれぐれも広告サイト(ひきこもりを強制的に連れ出す業者が複数あり)には気をつけて。ご家族が引っかかりやすいです。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました(=゚ω゚)ノ

お寿司を送る