読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

2016年7月の催しを挙げてみる

こんにちは。最近筆者のブログでは、やはり「女子会」の話題で検索されて訪問される方が多いようです。それほどまだ女子会が少なかったり、今少しずつ注目されているのが背景にあるでしょう。

 

今回は2016年7月に開催されるイベントを挙げてみようと思います。

 

本当は一つ一つご紹介したいのですが、ブログの更新頻度が下がっている中、それでも情報はお伝えしたいという思いがあり、いくつかまとめて投稿することにしました。

 

ちなみに毎月の居場所・講演会などの開催情報は「メルマガ版ひきこもりとピアのチカラ」に掲載しています。そちらの方が開催情報が豊富なので、ブログとメルマガを併せてご覧ください。(メルマガ購読希望の方は、このブログ最下部の専用フォームからお申し込みください。月1回配信、購読無料)

 

★ひきこもり大学ー茨城キャンパスー

~親子間の衝突、暴力について考える~

⇒ひきこもり大学は「ひきこもったことによって得た知識(体験的知識)を【知恵として提供】することで、家族等との偏見やすれ違いを解消する」と、大学の講義形式で行われるというのが元々のルーツだったと思います。

特に茨城の運営チームは「【ひきこもり当事者自身が】自ら企画・開催・運営」をしている貴重なところです。ひきこもり大学も割と定期的に開催していて、積極的な取り組みをされています。

日時:2016年7月24日(日)13:30~16:30

会場:水戸市福祉ボランティア会館 第1研修室

参加費:1000円

定員:20名(※申し込み不要。先着順)

対象:ひきこもり当事者・家族・支援者・関心のある方など

詳細は以下公式ブログをご覧ください。

hikidaiibaraki.hatenablog.com

★東京都板橋区「ひきこもりCaffe」「ひきこもりCaffe女子会」

⇒筆者はまだ参加したことはありませんが、まったりと話せる空間である、という話は周囲から聞きます。特徴は「Caffe」と「Caffe女子会」の2つを開催しているところだと思います。参加された方から感想などをいただけたら幸いです。

日時↓

ひきこもりCaffe:7月28日(木)19:00~20:30

ひきこもりCaffe女子会:7月21日(木)19:00~20:30

会場:いたばし総合ボランティアセンター第3ルーム

対象:ひきこもり当事者・経験者・家族などの関係者

申し込み不要です。詳細は以下公式HPをご覧ください。

http://ita-vc.or.jp/?p=5560

 

★「ひき桜1周年記念イベント」「ひきこもりピアサポートゼミナール説明会」

⇒ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜(通称「ひき桜(ひきざくら)」)は神奈川県横浜市で月1回居場所を開催している、毎回様々な地域の方が参加される珍しい居場所です。

女子会を開催している」「卓球・アナログゲーム・一人スペースなど、とにかく多彩である」「しっかりした運営と、かなりゆるい居場所とのバランス」「広報に力を入れている」などが特徴でしょう。また今年度は「ともしび基金」から採択され、助成事業として「ひきこもりピアサポートゼミナール」を開催するなど、かなりアクティブなところです。7月の居場所では、なんと36名の方が各地域から参加されました。

今回は【居場所開催1周年記念イベント】と【ひきこもりピアサポートゼミナール】の同日開催となります。いつもとは全く趣向の違う内容です。

 

①【1周年イベント】「たまにはおやつでも作ってみよう会(かい)?」

日時:2016年7月31日(日)13:30~15:30

会場:神奈川県立青少年センター2階「NPO活動室」

参加費:材料費実費(500円程度?)

参加対象:ひきこもり当事者・経験者

※申し込み必須のイベントです。7月27日(水)までに必ずお申し込みください

 

 ②「ひきこもりピアサポートゼミナール説明会」

日時:7月31日(日)16:00~16:45

場所:神奈川県立青少年センター2階「NPO活動室」

参加費・申込不要

内容:「ゼミの概要」「カリキュラム」「ゼミ参加により何を得られるか」「申し込み方法などの確認」「テキスト閲覧」など

※ゼミナール参加希望者は説明会参加を強く勧めます。このゼミは特殊な内容を扱うので、理念・目標が分からないまま受講すると訳わからなくなると思います。

ひき桜関連の詳細は公式ブログをご覧ください。

ameblo.jp

気になる会に参加してみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

メルマガ版「ひきこもりとピアのチカラ」
登録フォーム(購読無料)
メールアドレス
購読者の内訳 ひきこもり当事者・経験者
ピアサポーター・当事者スタッフなど 
家族・親戚
支援関係者(ボランティア含む)
ご関心のある方など
powered byメール配信CGI acmailer