読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

第12回メルマガ版「ひきこもりとピアのチカラ」を配信しました

こんにちは。最近筆者のPCの調子がおかしく、時折日本語入力ができなくなって作業が進まなくなるなど、いろいろなトラブルが起きています。

 

さて筆者は、実は月1回程度メールマガジンの配信も行っていますが、おかげさまで配信のたびに購読者が増えていてとても嬉しいです。

 

6月29日には第12回のメールマガジンを配信し「重度と軽度について」という題で筆者の意見を書かせていただきました。

はっきり言ってかなり賛否両論ある内容だと思いますが、今後もご購読いただけましたら幸いです。

 

そこで今回は「過去に配信したメールマガジンの一部」を本ブログにて紹介したいと思います。

メルマガ版をご購読いただける方は、このブログ最下部にある「専用フォーム」または「お問合せメール」からお申込みください。もちろん購読無料です。

 

○○○○○☆☆☆☆☆○○○○○☆☆☆☆☆○○○○○☆☆☆☆☆○○○○○

ひきこもりとピアのチカラ(メルマガ版)

「居場所に関わって感じたこと」

 

今回の【連載】は「居場所に関わって感じたこと」です。筆者は主催している居場所に限らず、様々な当事者会・家族会・対話イベント・講演会などに参加しています。

今回は居場所の傾向について説明しながら、居場所参加者などの声をご紹介したいと思います。

ひきこもりの自助グループが少しずつ増えていったのはおよそ10年前です。
この頃当事者会は非常に少ない状態でしたが、徐々に各地で様々な会が立ち上がりました。しかし残念ながらその後多くの当事者会は消滅しました。理由として「運営側の体調不良・行方不明」「参加者のトラブル」「運営側のトラブル」「金銭的な限界」が挙げられます。

せっかく当事者同士で立ち上げたにもかかわらず、参加者が居場所を失い取り残されてしまうという状況になってしまいました。

しかし最近は再び当事者会が増えようとしています。その多くはピアミーティングやセルフヘルプと言われるような「言いっぱなし・聞きっぱなし」や「テーマを設定して順番に話をする」という形態を採用しているようです。
当事者グループの場合はひきこもりのときに感じていたこと(話せる場所が欲しかった・とにかく一人で過ごす場所が欲しかった)などを思われていた方も多く、参加者にとっても居やすいところになっているのではないかと思います。

そのほかのトピックとして、最近色々なところで「女性の参加しやすい場所を作ってほしい」という声を聞きます。

実際居場所など行っても、大半が男性で女性が殆ど参加していないため、なかなか居場所自体に行きづらいという現状があります。最も注目しているのは「女子会」の開催ですが、筆者は男性のため女子会に入ることはできません(当たり前ですね…)

女性が集まりやすい場が増えない理由。その最大の要因は主催側に女性が殆どいないので、そもそも開催にもっていくことが出来ないからだと考えています。
運営側はよく知っているのですが、例えば運営メンバーが5人いたとしても体調を崩すなどの事情で、必ず動けるのは2人程度と考えるのが経験上妥当です。そのため最低でも女性のメンバーは3人ほどいないと、開催が不安定になってしまいます。

ちなみに筆者らが運営している「ひき桜」では対案として「一部の時間帯で女子会を開催する」という形で2016年6月から実施しています。いずれにしろ男性・女性に関係なく、楽しく過ごせるようになるといいですね。

また地域に居場所が殆どないという指摘もあります。もちろん誰か(支援関係者含む)が立ち上げないと始まらないのですが、例えば「ひきこもり大学」などのイベントを開催することで、当事者同士でつながる・地域の当事者同士をつなげる・居場所に関して知られていない情報を伝える、などの方法が考えられます。

以上のことから現状では当事者同士で様々な取り組みをしようとする「前向きな動き」がある一方、その取り組みや情報は一部の人にしか届いていないといえます。

今後は情報共有だけでなく、インターネットを含めた当事者同士のつながりを模索するなど、幅広いつながりをまずは形成していく必要があるかと思います。

そして居場所運営者などが孤立・燃え尽きないようなバックアップを支援関係者側に求めたいと思います。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

いかがだったでしょうか?

このような感じで、毎回様々なテーマを考えて配信しています。

また、メールマガジンの後半には「来月開催のイベント一覧」を掲載していて、その情報を求めて購読されている方もいらっしゃいます。

 

メルマガの案内チラシは以下をご覧ください。

f:id:hikikomori-peersupport:20160630003254j:plain

 

今後も月1回ほど配信していければと思いますので、ぜひご登録お待ちしております!

メルマガ版「ひきこもりとピアのチカラ」
登録フォーム(購読無料)
メールアドレス
購読者の内訳 ひきこもり当事者・経験者
ピアサポーター・当事者スタッフなど 
家族・親戚
支援関係者(ボランティア含む)
ご関心のある方など
powered byメール配信CGI acmailer