ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりピアサポートの普及と発展を祈念して、当事者会・居場所・家族会などを紹介しつつ、今後のピアサポートの在り方について模索するブログ

参考図書のご案内(2015年2月18日)

ひきこもりに関する本は多く出ていますが、「~を治す」とか「外に出す」「働かせる」「~のマニュアル」とか、なんかひきこもりが治療の対象のように扱われていて、残念な感じですよね。

 

ひきこもり状態の「ご本人の思い・意向」が一番大事でしょ、と思う日々です。

 

そこで今回は自分が読んだことのある図書の中で、良書だと思ったものをピックアップしたいと思います。

 

①「不登校・ひきこもりが終わるとき」 
丸山康彦著 ライフサポート社

 

②「大人のひきこもり~本当は「外に出る理由」を探している人たち~」

池上正樹著 講談社現代新書

 

③「苦労を分かち合い希望を見出すひきこもり支援:ひきこもり経験値を活かすピアサポート」 

田中敦著 学苑社

 

④「ひきこもり もう一度、人を好きになる~仙台「わたげ」、あそびとかかわりのエスノグラフィー~」

荻野達史著 明石書店

 

⑤「ともに生きともに育つひきこもり支援~協同的関係性とソーシャルワーク」 

山本耕平著 かもがわ出版

 

⑥「引きこもりという情熱」 

芹沢俊介著 雲母書房

 

まだまだありますが、また改めて書きたいと思います。

自分で書いて思ったのですが、自分のおすすめ本ってちょっと偏っているな、と感じました。まあこういう人もいるということで、お手柔らかにお願いします。

 

気になった方はぜひご覧ください!

メルマガ版ひきこもりとピアのチカラ 配信登録
メールアドレス
お立場 ひきこもり状態にある人・あった人
家族・親戚
その他
powered byメール配信CGI acmailer